膣のゆるみを解決する治療なび

膣のゆるみにさようなら!女性としての自信を取り戻そう

ゆるい膣にサヨナラ!ゆるみ改善HOME » クリニックでできる膣のゆるみ治療法 » 注入法

注入法

クリニックで行われる膣のゆるみ改善法「ヒアルロン酸注入」などを紹介しています。

ヒアルロン酸などの注入|クリニックが行う膣のゆるみ改善法

膣口を狭くし、ゆるみを改善するためにクリニックが採用する方法のひとつとして、注入法があります。

【そのメリット】
  • クローバー画像デリケートな性器にメスを入れなくて済む
  • 施術時間が数十分程度と短く、費用も安め(10~30万円前後)
  • 当日から性交が可能な場合も多い
  • 出産未経験の若年層でも安心

注入法では、以下の物質が採用されるのが一般的です。

ヒアルロン酸

膣内の壁にヒアルロン酸を注入し、広がってしまった膣を狭くします。

ヒアルロン酸は顔や胸部など、身体のさまざまな部分への注入にも採用されています。

身体にもともと存在する成分なので、副作用の心配が少なく、やがて自然に代謝されます

脂肪

まず患者のお腹やお尻、二の腕などの部分から余分な脂肪を採取。

その幹細胞を含む脂肪細胞を、膣の粘膜に注入し、膣内腔を狭くします。

自分自身の脂肪を使用するため安全で、やがて自然に代謝されます

区切り線

注入法は「プチ膣縮小」としての手軽さが好評ですが、以下の点に留意する必要もあります。

【そのデメリット】
  • クローバー画像効果の持続期間が短い(半年~1年)
  • 効果の実感に乏しかったり、一時的に性器の形状が崩れることがある

しかし、上記のデメリットに着目した最新の注入法も登場しています。

上記の施術はまだ導入例も少ないようですが、興味のある方は、実施しているクリニックの情報を調べてみてください。

おすすめクリニック5選

PAGE TOP