膣のゆるみを解決する治療なび

膣のゆるみにさようなら!女性としての自信を取り戻そう

ゆるい膣にサヨナラ!ゆるみ改善HOME » ゆるみ お悩み相談所 » 放っておいても大丈夫ですか?

放っておいても大丈夫ですか?

膣のゆるみが招く症状として気になる病名、子宮脱や膣脱について調べています。

気になる病名の症状をチェック【子宮脱・膣脱】

驚く女自分では気づきにくい膣のゆるみ。
放置しておいても、特に不自由を感じないという女性は、意外に多いかもしれません。

しかし、40代以上の中高齢者の場合、膣のゆるみが意外な病気に発展する可能性があります。

その病名とは、子宮脱

いったいどのような病気なのでしょうか?

子宮脱と同様の症状を指す「膣脱」という病名もあるのですが、これは主に人間以外の動物に用いられるケースがほとんどです。

そのため、このページでは子宮脱の症状や治療法を紹介していくことにします。

子宮脱の症状

子宮は、骨盤底筋群という筋肉に支えられています。

この筋力が弱まると膣のゆるみが生じますが、さらに悪化すると子宮が下がり、膣の壁がめくれたように外へ飛び出してきます。これが子宮脱の主な症状です。

また、子宮のそばにある膀胱や直腸も下がってきて、膣が膨れたり、排尿/便障害が生じるようになります。

性交の際、痛みが感じられることもあるようです。

子宮脱になりやすい人

上記にあてはまる人は、子宮脱のリスクが高いので注意が必要です。

子宮脱の治療法

子宮脱は、病院の目視だけで確認できるそうです。治療法は、症状によって異なってきます。

軽度の場合、骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操(骨盤底筋体操)が指導され、進行を食い止めます。

しかし、子宮が腟の外に飛び出していたり、尿もれや排尿障害があれば、ペッサリーの膣内装着によって下から子宮を支え、位置を元に戻していく治療が行われます。ペッサリーの大きさが適切なら違和感もなく、性交も可能だそうです。

症状がより重篤な場合は、子宮の摘出や膣壁修復などの手術が採用される場合も…。

発見や治療が遅れると体への負担も大きくなりますので、膣にゆるみや違和感を感じているなら、早めに専門家に相談することをおすすめします。

膣のゆるみを治療できるおすすめクリニックはこちら>>

おすすめクリニック5選

PAGE TOP